平成30年予算特別委員会〜本当に安全?除草剤について

2018年4月11日 11時11分 | カテゴリー: 活動報告

広範囲に除草剤が散布された現場

一般質問で、道路用予定地などの空き地における雑草の管理について質問しましたが、予算特別委員会では除草剤の安全性について取り上げました。

昨年、大蔵5丁目の都市計画道路、補助216号線の道路用予定地において除草剤が散布されました。これは、住民から草刈りの要望が寄せられていたのに対して、区が初めて散布したものですが、周辺には、民家や保育園があるにもかかわらず、いつ散布するのかも周知されませんでした。

また、散布された除草剤は、世界中で遺伝子組み換え作物とセットで販売されているメーカーのものであり、その主成分のグリサポートについてIARC(国際がん研究機関)で発がん性物質が含まれること、仏カーン大学で内分泌かく乱物質としての疑いがあることなど様々に指摘されています。世界的に除草剤による健康被害の報告が相次ぐ中、区民の健康、安心安全を第1に、安易に除草剤を散布しないよう求めました。

側には保育園も