「養育家庭体験発表会」のお知らせ

2015年10月28日 12時57分 | カテゴリー: 活動報告

   みなさんは里親制度をご存知ですか?親の病気や離婚、経済的理由などのさまざまな事情や、虐待などにより家庭で生活できない社会的養護を必要とする子どもを養育するための、児童福祉法上に定められている制度です。全国で4万6千人の子どもたちが家庭から離れて生活しており、そのうち約9割の子どもが乳児院や児童養護施設などで暮らしています。そのため乳児院では人手が足りず、寝かせたままミルクを飲ませざるをえない状況になっています。里親と暮らす子どもは昨年の3月時点でその1割!!4630人ほどしかいません。
    国では、今後10年で里親への委託率を3割以上にすることを目指していますが、東京都の社会的養護が必要な子どもの里親委託率は12.1%で全国平均の14.8%を下回っています。世田谷区では今年の9月現在で、養育家庭登録数30件、委託児童数は13名と、まだまだ少ない現状です。子どもの成長には一対一の愛着関係を築ける大人が必要なことからも、養育家庭が増えていくよう、そして、すべての子どもの最善の利益が保証されるよう取り組んでいきます。

   里親(養育家庭)を区民のみなさまに知っていただく機会として養育家庭体験発表会が開催されます。 

平成27年10月29日(木)午後2時から午後4時20分
男女共同参画センターらぷらす研修室(北沢タウンホール11階)

   さまざまな家庭の絆を結んだ里親の方と、里親に育てられた子どものありのままの声が聞ける良い機会です。みなさまどうぞご参加下さい。