誰一人取り残されない社会の実現に向けて

2019年1月1日 12時12分 | カテゴリー: 活動報告

 

2016年 ノーベル平和賞受賞したコンゴ民主共和国の産婦人科医デニ・ムクゥエゲ氏の来日講演 「紛争化における性暴力と女性の権利擁護」

明けましておめでとうございます。本年もみなさまにとって素晴らしい年となりますよう祈念致します。

昨年のノーベル平和賞は、紛争下における二人の人権活動家に光が当たりました。受賞の一人であるデニ・ムクゥエゲ氏の活動の拠点、コンゴ民主共和国で長期化する紛争と私たちの生活は密接に繋がっています。スマートフォンなどに使用される電子機器が、コンゴ産の鉱物資源であるからです。私は、議員になる前からこの紛争鉱物問題を取り上げ、犠牲の上に成り立つ経済優先の社会を変えるべく啓発活動を行っていました。知らず識らずに環境を破壊し、人権を侵害し、格差を助長する経済社会から、持続可能な社会へとシフトする必要があります。

毎月第1火曜日と第4木曜日の子ども食堂開催中

また、お互いさまに支え合うコミュニティが崩壊し、孤立した子育て、介護により人権侵害も起きています。こうした関係性の貧困原因で起こる問題を解消するために、誰でも気軽に集える居場所づくりにも取り組み、誰一人取り残さない地域社会を目指し活動を進めて参ります。

些細なことでも構いませんので、どうぞ一人で悩まずに、お気軽に相談してくださいね。一緒に解決していきたいと思います。